患者様の声

お探しの症状をクリックしてください

首痛 | 肩こり | 四十肩・五十肩 | 乳がん術後の後遺症 | 腕・手のしびれ | 腰痛・坐骨神経痛 | 産後の骨盤矯正・産後の不調 | ダンサー・バレリーナの不調 | 仙骨部の痛み | 股関節痛 | 膝痛 | 自律神経失調症 | 太ももの痛み・足のしびれ | 体のゆがみ・体質改善 | ぎっくり腰 | 子宮筋腫・子宮内膜症

首痛

K.Sさん
<会社員>

「不思議と痛みが消え、体が軽くなりました」
(首、肩甲骨の痛みで来院されました)

左首筋から左肩、肩甲骨まで痛みがあり、ずっと疲れが取れない状況でした。施術により、筋肉の動きや正しい位置が分かり、不思議と痛みが消え、体が軽くなりました。運動しているから大丈夫、コリをほぐせば大丈夫と過信せず、一度体のリセットのつもりで来院するといいと思います。自分の知らない骨格のクセが見つかり、積み重なった疲労と体の捻れが回復できると快眠を呼び、体も気持ちもスッキリします。きっと運動のパフォーマンスも上がると期待しています。

【たかまつから一言】

K.Sさんは、お母様のご紹介で来院されました。数ヶ月前、足首を捻挫したことがきっかけで体のアチコチに痛みが発症しています。肩の痛みをとることだけではなく、全身バランスをとるため、足首から調整していきました。すると、一気にめぐりが良くなったのを感じました。運動大好きなK.Sさん。遠いですが、また時々リセットにいらしてくださいね。

M.Tさん
<パート>

「細かいところまで配慮があります」
(首と肩の痛みで来院されました)

整形外科にて検査や診察をし、薬も服用しましたが、あまり回復には向かいませんでした。女性の先生ということで来院しましたが、とても話しやすく、清潔で、細かいところまで配慮があります。施術後は首を上に向けた時の首と肩への痛みなしです!

【たかまつから一言】

M.Tさんは、整形外科での電気治療の後は痛みが増す、とおっしゃっていました。きっと、刺激が過多だったのでしょう。胸椎と肩甲胸郭関節をゆっくり診ていくと、そこに問題発見!痛みが出ていたのは首と肩ですが、問題は頚椎(首)ではなく、胸椎(胸)にありました。

▲先頭へ戻る

肩こり

K.Yさん
<ピアニスト>

「より良い施術をしてくださいます」
(肩こりと背中の痛みで来院されました)

肩こりはもとより、肩甲骨の横が常に痛み、これは専門家に見ていただかないと日常生活に影響が出ると思いました。繰り返して施術をしていくと、だんだん回復していきました。その後は痛みはなくなりました。痛みがひどい場合は間を空けないで繰り返して通うことが大切です。バキバキの整体が嫌いな方、男性が苦手な方、静かなところで施術したい方はお勧めです。先生は常にお勉強されていて、より良い施術をしてくださいます。

【たかまつから一言】

K.Yさんはピアノを弾くのがお仕事。体を診るとそのクセが一目瞭然な方でした。左右差がとてもあり、左肩の力が抜きにくそうです。長い間のクセなので、回復までに4,5回かかりました。ご本人もそのクセに気づいたようなので、ピアノの弾き方が変わってくるかも知れませんね。

▲先頭へ戻る

四十肩・五十肩

H.Yさん
<主婦>

「歩くのも、服を着るのも楽です」
(五十肩と膝の痛みで来院されました)

針治療とお灸と聞いただけで、不安を抱きながら治療院に来ました。最初にビックリ!若くてきれいな先生と部屋が明るく清潔なこと。安心して治療して頂けるかな、と思いました。手、足、腰、肩どこも痛くて、洋服を着るのも辛かったのに、先生のお陰で今は歩くのも、服を着るのも楽です。ていねいに治療を続けて頂いています。

【たかまつから一言】

H.Yさんはとても明るく活動的な女性。前向きに一生懸命通って頂いたお陰で順調に回復していきました。痛みで外出が億劫になっていたそうですが、また元のようにお友達と頻繁に出かけるようになったそうです。そんなお声を聞く度に私の方がパワーを頂いています。

▲先頭へ戻る

乳がん術後の後遺症

M.Eさん
<主婦>

「肩が今は全く痛くなくなりました」
(乳がん手術後の痛みで来院されました)

乳がん手術後の後遺症で、右腕があげにくく、痛みがありました。女性の先生ということと似ている症状の方が改善していたので、来院を決めました。動かすのに痛みがあった右腕、肩が今は全く痛くなくなりました。先生を信じておまかせすれば、必ず良くなると思います。

【たかまつから一言】

術後3ヶ月頃から痛みが発症し、術後8ヶ月経っての初来院です。ピキッとする嫌な痛みが取れたのが4回目。全く痛みが取れるまで2ヶ月ちょっとかかりましたね。乳がん手術後の方は、胸椎がガチガチに固まって動けなくなり、五十肩のような症状が出る方が多いです。手術した患部に触れることさえ怖いようですが、自分でほんの少し擦ってあげるだけでも少しずつ回復していきます。

M.Eさん
<主婦>

「丁寧な施術、体の現状説明、すべてに納得」
(乳がん手術後の肩コリと痛みで来院されました)

乳がん手術後の肩こりがひどかった。丁寧な施術、体の現状説明、すべてに納得。心身ともに効果を感じた。体の不調には必ず原因があるもの。沢山の治療経験の引き出しある、向上心豊かな先生との出会いを・・・。

【たかまつから一言】

術後8ヶ月頃から全く感じなかった右肩にコリを感じるようになり、術後1年程経って痛みがひどくなり初来院です。これまで肩こりや痛みとは無縁で施術は全くの初めて、ということで、色々細かく説明させて頂き、納得いただいた上で治療に入りました。心身ともに効果を感じて頂けて本当に嬉しくやりがいを感じております。

▲先頭へ戻る

腕・手のしびれ

K.Nさん
<主婦>

「普通に毎日を過ごせることが夢のようです」
(肩から腕にかけての痛み・しびれで来院)

約2ヶ月の間、毎日毎日辛い痛みとしびれに悩まされていました。『少しでも痛みを軽くしたい』そんな思いでしたが、3回目の施術で痛みはスッキリ治まりました。4回目を終えた後、通院していた整形外科のレントゲンで良くなっている、と聞いたときは嬉しい驚きでした。今では痛みもなく、普通に毎日を過ごせることが夢のようです。ありがとうございました。

【たかまつから一言】

K.Nさんは初来院時、とても暗くて不安感いっぱいな雰囲気でした。どんなことをされるのか?悪化したりしないだろうか?本当に良くなっていくのか?初めは誰でも不安ですよね。1回目は手技だけで施術。2回目から鍼を併用。3回目でやっと笑顔が見れました。『普通に過ごせる毎日』に本当に感謝ですね!

▲先頭へ戻る

腰痛・坐骨神経痛

S.Hさん
<自営業>

「自己管理もできるようになりました」
(慢性腰痛と首のコリで来院されました)

腰痛や首のコリの辛さに波があり、常に痛みを抱えていました。整形外科でMRを受診し、原因はある程度分かったものの、“運動と栄養ですね”と言われ、決め手となる解決方法はありませんでした。解決方法も分からないまま、良くならず、不安を抱えている私に丁寧な説明、あの手この手の施術、そして適切なアドバイス。1回目の施術から『あっ!こちらにお世話になって良かった!』と思いました。先生のアドバイスもあり、今ではある程度、自己管理もできるようになりました。

【たかまつから一言】

S.Hさんは、セルフ体操も頑張って続けてくれたお陰でうまく回復していきました。慢性的になるほど回復に時間がかかりますが、毎日の体操を併用すると時間が半分になります。季節の変わり目や湿度変化に影響を受けず、お身体をいい状態にキープするには日々の体操が不可欠です。ご自分の出来る範囲でいいのです。一緒に頑張っていきましょう!

▲先頭へ戻る

産後の骨盤矯正・産後の不調

C.Hさん
<主婦>

「帰りは笑顔が出てスキップしたい気持ち」
(産後、原因不明の体調不良で来院されました)

30才過ぎて産後から体が辛くてどうにもならなくて来院しました。すぐの効果は期待してませんでしたが、体だけでなく、心も元気にさせていただき、月1、2回長くお世話になっています。先生はとてもハキハキとして気持ちよく、私の辛いところをピンポイントで分かってくれます。家事や育児が大変で体中悲鳴をあげる程痛くて、先生の所へ行って治療していただくと、帰りは笑顔が出てスキップしたい気持ちになりまた頑張れます。先生、これからもよろしくお願い致します。

【たかまつから一言】

C.Hさんはとても頑張り屋さん。何でもかんでも自分一人でやろうと頑張っちゃいます。背骨のアンバランスもあるので無理が利かなくなり、アチコチに痛みが出たりもします。子供が小さいとそのペースに合わせなくてはいけないので、無性にイライラしたり、突然落ち込んだり、泣き出したり・・・。私も自分をどうコントロールしていいか分からなくなり、産後は特にヘロヘロになっていた時期もありました。なので、C.Hさんの身体と心の悲鳴がよく分かるのです。人それぞれ、入れ物の大きさや形が違います。その違いはあっていいのですが、入れ物以上のものはそこには入りません。溢れ出すしかないのです。それを調整する場としてこれからも使ってくださいね。いつでも待っています。

▲先頭へ戻る

ダンサー・バレリーナの不調

Y.Jさん
<ダンサー>

「安心して施術を受ける事ができます」
(腰から足にかけての夜間痛で来院されました)

腰から足にかけての鈍痛、夜間痛があり、よく眠れなかった。今では痛みも取れ、少しずつ体に変化が出てきました。例えば、前後開脚ができるようになった、長座ができるようになった、左右開脚の角度が大きくなりました。体に負担がかからない所からゆっくり治療して頂き、また質問にも的確に答えて下さるし、分かりやすい説明で安心して施術を受ける事ができます。自宅で出来るエクササイズ、軸とりのご指導等で、少しずつ関節の可動域も変化があり、感謝しております。先生は気さくで何でも話を聞いてアドバイスを下さいますので、日常生活での上手な体の使い方など伺うと健康な体作りに役立つと思います。

【たかまつから一言】

Y.Jさんは、手足の長い魅力的なダンサー。痛みが回復した後も、時々メンテナンスに通われ、身体や動きについて色々なお話をします。とっても探究心のある方なので、毎回、話が尽きないですよね。ダンサーは特に、自分の身体を知ることが大切です。Y.Jさん、これからもダンス頑張ってくださいね!応援しています!

O.Kさん
<会社員>

「いつまでもスポーツを続けるために…」
(股関節の痛みで来院されました)

長い間バレエをやっていますが、発表会で頑張り過ぎたのか、左足の付け根を痛めてしまいました。来院の決め手は先生が元ダンサーだったことです。バレエの動きを理解されているので、私のつたない説明でも伝わり、一番大切なコミュニケーションにストレスを感じることが全くありません。更に治すだけでなく、ケガをしない体を作ることとか、プラスアルファーなフォローも丁寧に教えて頂けて“痒いところに手が届く”治療で成果を実感しています。ケガをするとイコール休養と指示される治療院が多いなか、バレエのレッスンを続けながらの治療も嬉しい限りです。間を開けずに数回治療に通っただけでかなり改善されて楽になりビックリしました。先生はとても丁寧に話を聞いてくれ、とても勉強熱心でスポーツに精通しています。スポーツをしていると無理をしてしまいがちですが、一刻も早く手当てをして、いつまでもスポーツを続けるためにケガをしない体を目指すことをお勧めします。

【たかまつから一言】

バレリーナは股関節を痛める方が多いですね。なぜなら、股関節を常に外向きにして使うからです。内向きにして使うことはありません。そのため、筋肉のアンバランスが生じ、関節に負担がかかり続けると痛めることになります。O.Kさんの場合もそうでした。幸い、すぐに痛みが取れ、メンテナンス法をお伝えすることもできました。痛みを取ることも大切ですが、いつまでも動ける身体を維持するためにセルフケア法を学ぶことも大切です。ダンサーの方は特にそう思いますよね。

▲先頭へ戻る

仙骨部の痛み

Y.Tさん
<会社員>

「軽々しく“治す”ということは口にされません」
(仙骨部の痛みで来院されました)

仙骨の痛みのため、バレエのレッスンが十分にできないことが一番の悩みでした。整形外科では年齢相応のことなので仕方ないとの診断。たかまつ先生がダンスのご経験があり、バレエを習う患者にも理解があると思い、来院しました。レッスン時の仙骨の痛みはまだありますが、少しずつ動きがでるようになったと思います。たかまつ先生は軽々しく“治す”ということは口にされません。常にじっくり患者の体を診て、その時の状況に向き合って施術されます。患者にずっと寄り添って一緒に歩んでくださいます。その中で自分の体の変化を実感できることは本当にうれしいことです!

【たかまつから一言】

Y.Tさんは、この身体で本当にバレエやっちゃうの?というくらい関節可動域が少ない方でした。関節の動く範囲が少ない、ということはそれだけ筋肉の伸び縮みがしにくく、故障を起こしやすいということ。Y.Tさんの場合、1番ポジションをとるだけで仙骨に痛みが発症。動く以前の問題でした。今では少しずつ動きも出てきて変化を実感されているようで良かったです。まだまだ変わっていきますよ!

▲先頭へ戻る

股関節痛

N.Tさん
<パート>

「観察力には毎回驚かされております」
(股関節、臀部の痛みで来院されました)

趣味でマラソンをしているのですが、2年程前から股関節、臀部、脚などが痛くなり、全く走れなくなってしまいました。通院して半年強経ちますが、自分でも良くなってきていることが実感できています。それときちんと説明して下さるので、納得の上で受診できております。明らかに違うことは、『走れない』→『走れるようになった』ことです!本当に信頼できる先生に出会うことができて、大変感謝しております。体の小さな異変も見逃さない観察力には毎回驚かされております。

【たかまつから一言】

N.Tさんは走るの大好きな明るい女性です。何事も真面目にコツコツと積み上げていく方で私も尊敬しております。走れるようになってからは、フルマラソンを4時間16分で走っています。すごいですね~!今後も大会に向け、走りこんでいくそうです。

▲先頭へ戻る

膝痛

H.Eさん
<英語塾講師>

「患者の気持ちに寄り添ってくださる安心安全な場所」
(膝の痛みで来院されました)

ダンス中に痛めた左膝の痛みで踊るのに支障が出ていました。自分では自覚のないところが要因となっていることが分かり、先生が繰り返し“必ず治る”とおっしゃって下さったことで希望が持て、また実際に魔法のようにどんどん良くなっていきました。先生の施術は本当にやさしくて、魔法みたいに思えることが多いので、針が怖いという人も安心して行って下さい。また私は色々な治療師の方に“○○だからダメなんだ”とか、“○○をしなくちゃいけない”などと言われて嫌な気持ちになったことが多々ありますが、ここでは一切それがありません。患者の気持ちに寄り添ってくださる安心安全な場所です。

【たかまつから一言】

H.Eさんの膝痛の原因は、足関節にありました。もちろん、膝関節も股関節も捻れていたのですが、最後に残った動けない関節が足関節だったのです。時間をかけてゆるめていくと、徐々にではありますが回復していきました。H.Eさん、また踊れるようになって私も嬉しいです!

O.Sさん
<主婦>

「大変感謝しています」
(膝の痛みで来院されました)

左側の膝痛がひどくて足を引きずりながら歩いていましたが、3、4回目から痛みが取れ、大変感謝しています。これからもよろしくお願い致します。

【たかまつから一言】

O.Sさん、正直言うともっと時間がかかると思っていました。しかし、4回程で痛みが取れ、腫れが引き、普通に歩いている姿を見て、人間の回復力の凄さを体感しました。膝の腫れや水たまりは、炎症の末に起こる現象です。水を抜いても抜いてもまた腫れるのは炎症が治まっていない証拠で、根本治療にはなっていないのです。

▲先頭へ戻る

自律神経失調症

O.Mさん
<主婦>

「痛みがどんどんなくなってうれしかった」
(自律神経失調症、膝の痛みで来院されました)

心臓が痛む、膝や体中いろいろ痛かった。ホームページを見て安心できたので行くことにした。女性ってのが、信頼できたかな。痛みがどんどんなくなってうれしかった。痛みに悩まれたら、先生を信頼してぜひ行くべき!

【たかまつから一言】

女性だから、というのが決め手になり来院される方は多いですね。O.Mさんもそのひとり。O.Mさんは、背骨のバランスが悪かったため、身体のアチコチが痛かったと思われます。出産後も骨盤調整、背骨調整にいらっしゃいました。

▲先頭へ戻る

太ももの痛み・足のしびれ

K.Mさん
<検査技師>

「先生が女性ということで来院を決めました」
(太ももの痛み、五十肩で来院されました)

約1年程前から急に大腿部の筋肉痛のような痛み、思うように歩くこともできず、夜は痛み止めを飲まないと寝返りもできない程の痛み、そして五十肩。あちこちに痛みが出て、不安な毎日でした。整形外科で電気治療、湿布、痛み止めをもらい様子を見ていましたが、良くならず、精密検査、MRI、X線を撮りました。結果は異常なし。カイロ、接骨院でマッサージ等しながら歩くようにしました。以前より針灸にも興味があり、先生が女性ということで来院を決めました。あの時の痛みは何だったのだろう?と思うくらい、今ではいつものペースで歩くこともできるようになりました。五十肩もあと少し、普段は痛みも忘れています。藁をもすがるような気持ちでたどり着いたタカマツ先生。先生の“こんにちは!”と元気な笑顔で私も元気を頂いています。先生の細い体でツボをギュッと押した時の痛いけど気持ちの良さ。アドバイスをして頂きながら歪んだ体を治していきたいと思います。

【たかまつから一言】

寝返りも出来ない大腿部の痛みは4、5回で治りましたが、五十肩は時間がかかりましたね~。もう1歩を取るまで、7ヶ月程かかったでしょうか?よく頑張って通って下さいました。整形外科では、五十肩のリハビリで痛みの出る方向へ動かすことがあるようですが、絶対に無理して動かしてはいけません。無理が重なって支障が出たのですし、『痛み=それ以上は動かせない』という身体からのサインなのですから。それに他の部分の動きが悪い為に肩に負担がかかったのかも知れません。本当の原因を突き止めなければ、いつまでたっても回復してはいけないのです。

▲先頭へ戻る

体のゆがみ・体質改善

H.Yさん
<自営業>

「研究熱心な姿勢が感じられる」
(ゆがみと体質改善のために来院されました)

慢性気管支炎の為、度々呼吸が苦しくなることがあり、背中も丸みがかかってきており、健康体になりたいと思い来院しました。散歩の習慣が身につき、呼吸法や歩き方にも工夫をつけて前向きに過ごせております。相性もあるかと思いますが、自己啓発、研究熱心な姿勢が感じられるので信頼できます。

【たかまつから一言】

H.Yさんは30代の頃から40年間、喘息発作を何回か起こし、入院や吸入、点滴などの経験をされています。『もう、あんな辛い思いはしたくない!健康体になりたい!』と来院されました。私は初診時に『治療を数ヶ月やったからといって、そんなすぐに治るものではありません。』と正直に言いました。しかし、施術後は『身体の風通しが良くなった!息するのが楽!』と身体の変化を感じて頂くことができました。そんな初診から月1、2回数年間通って頂いています。咳が出たり、熱が出たりすることがありますが、喘息発作を起こし寝込む、というところまでは行かず、どうにか予防できているようです。いつまでも元気にお仕事続けて下さいね。

▲先頭へ戻る

ぎっくり腰

T.Aさん
<主婦>

「一度来院されてみるのをおすすめします」
(ぎっくり腰で来院されました)

整形外科では加圧などによって状態が更に悪化していたのですが、最初の施術で痛みもなく、自然に楽になったような感触がありました。今ではすっかり痛みもなくなり、慢性化していたギックリ腰も不安がなくなりました。セルフケアも教えて頂いたので、それもよかったんだと思います。どこに行っても治らなかった体のゆがみや、病院では原因不明の体調不良など親身に相談にものって頂けるので、一度来院されてみるのをおすすめします。

【たかまつから一言】

病院での加圧や牽引で悪化する人もいるので注意が必要です。T.Aさんもそんなひとりでした。あまりうまく回復していってないな、と感じた人はこれまでとは違う治療方法や施術者も検討した方がいいかと思います。ギックリ腰は決してクセではありません!その方に合ったセルフケアを継続していけば、必ず2度と起こさなくなります。

▲先頭へ戻る

子宮筋腫・子宮内膜症

T.Mさん
<自営業>

「同性として色々な相談にものって下さいます」
(子宮筋腫による痛みと膝痛で来院されました)

子宮筋腫の辛さが少しでも改善すればありがたいということと、長年の案件である膝の痛みで困っていました。初めての針治療ということで不安で一杯でしたが、一番不安だった針の痛みも全く感じず、施術を終えて痛みも少しやわらいだような・・・。針はイタイ、コワイと思いがちですが、全くそんなことはありません。辛いことを抱えていないで、まずは針治療を試してみて下さい。先生は女性なので、同性として色々な相談にものって下さいます。

【たかまつから一言】

結局、筋腫の手術はされ、次第に痛みも緩和していきました。無理をすると時々膝痛が出るようですが、日常生活では不自由ないようです。T.Mさんの身体を診て感じたのは、冷えがひどいということ。外から温めることもいいのですが、ここは内側から熱を生まないと。それには呼吸法がいいと思います。無料だし、どこでも出来るし、身体は活性化するのでいいことづくめです!習慣にするまで大変かも知れませんが、やり慣れてくれば、腹式呼吸をちょっとするだけで身体が温まるのを感じるはずです。

T.Sさん
<主婦>

「気持ちも安心して生活できています」
(子宮内膜増殖症に対する体質改善のため、来院)

子宮の病気、アレルギー、倦怠感などで困っていました。施術はバキバキ、熱い、痛いがないのでとてもリラックスできました。精神的に落ち込んでいて食欲がなかったときも、ちょっと喘息の気が出ていても、施術を受ければ治ってしまうのでかかりつけ医みたいで気持ちも安心して生活できています。もぞもぞ体操やあたためる箇所のツボも教えて頂けて気軽に実践しています。

【たかまつから一言】

不妊治療もされており、精神的にも不安定なご様子でした。はじめの2ヶ月は身体も不安定で、足裏がチリチリする、とか、頭痛が少し出たり、下半身が重たいなどの反応も出てきました。しかし、3ヶ月を過ぎた頃からだいぶ変わって、落ち着いてきました。薬の力を借りずに生理もきましたね。今も月2回で継続中ですが、いい状態が維持できるよう頑張っていきましょうね!

▲先頭へ戻る

このページの先頭へ